古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

社会環境管理

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(40)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題40: 暑さ対策や熱中症に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。① ヒートアイランド現象の原因としては、人工排熱の増加、地表面の人工化、都市形…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(39)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題39: 微小粒子状物質(PM2.5)に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。① PM2. 5については,その発生メカニズムや人の健康への影響等について未解明な…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(38)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。 平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題38: 環境影響評価法に基づく事業者の行為に関する次の(ア)~(オ)について,環境影響評価法の内容や趣旨に照…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(37)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題37:いわゆる外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)とその運用に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。① 特定外来…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(36)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題36:仮想評価法(Contingent Valuation Method)に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。なお仮想評価法は仮想的市場評価法と, また受入補償額は受け…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(35)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題35:第四次環境基本計画における環境政策の原則及び手法に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。① 生物多様性の保全のような科学的な不確実性を伴う環…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(34)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題34:環境基本法に基づき定められている環境基準に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。① 環境基準は,大気の汚染、水質の汚濁,土壌の汚染,ダイオキ…

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(33)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。 問題33:生物多様性の保全及び持続可能な利用に関する日本の国際的な取組に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。① いわゆる生物多様性条約とは,生物の…