古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(7)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。

 

問題7:ある職場では,負荷と能力について来月の工数の計算を行い,必要な残業時間を見積もっている。次のa~hの条件のもとで,負荷工数(時間)から能力工数(時間)を引いた来月の総残業時間(時間)として最も近いものはどれか。
[条件]
a.作業者数:10名
b.定時での1日当り就業時間:8時間
c.就業日数:20日
d.作業者の平均出勤率:95%
e.1人の作業者が1個を生産するための標準時間(総加工時間):20分
f.来月の適合品の生産計画量:4,900個
g.生産数量に対する適合品の数量の比率:99%
h. その他の条件は考慮しないものとする。
① 34時間  ② 50時間  ③ 114時間  ④ 130時間  ⑤ 136時間

~~~~~~~~~~

技術士会の正答は、④でした。

 

負荷工数=4900個×20分÷60分÷0.99=1649.8時間
能力工数=10人×8時間×20日×0.95=1520時間
1649.8時間-1520時間=129.8時間≒130時間