古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一(26)湿り蒸気の比エンタルピー

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の機械工学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

https://jabee.org/から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。
 
問題26 絶対圧力14 [MPa]における乾き度0.85の湿り蒸気の比エンタルピーに最も近い値はどれか。ただし,この圧力における飽和水及び飽和蒸気の比エンタルピーを,それぞれ1571 [kg/kg], 2638 [kg/kg] とする。 
① 396 [kg/kg] 
② 1731 [kJ/kg] 
③ 2105 [kJ/kg] 
④ 2242 [kJ/kg] 
⑤ 2478 [kJ/kg]
 
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、⑤でした。
 
モリエル線図をイメージできるとわかりやすいですね。
 
モリエル線図
飽和水から飽和蒸気の比エンタルピー差が潜熱であり、
乾き度を表します。
 
潜熱=2638kJ/㎏-1571kJ/㎏=1067kJ/㎏
 
1067kJ/㎏×0.85+1571kJ/㎏=2477.95kJ/㎏≒2478kJ/㎏
 
この結果から、⑤が選択されますね。
 
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。