古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(17)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。

 

問題17:テレワークに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① テレワークで円滑に仕事を進めるためには,書類を電子化しネットワーク上で共有するなど,仕事のやり方を変革することが必要となる。
② テレワークの導入に当たっては,職場とは異なる環境で仕事を行うことになるため,組織の情報セキュリティポリシーを見直すことが必要となる。
シンクライアント型のテレワーク端末を用いることで、電子データの実体を持ち出すことなくテレワーク先での作業が可能となる。
④ テレワークに要する通信回線の費用や情報通信機器の費用については,テレワークを行う労働者が負担する場合がある。
⑤ 自宅でのテレワークの実施中は,労働基準法上の労働者であっても,いわゆる労災保険の適用対象外となる。

~~~~~~~~~~

技術士会の正答は、⑤でした。

労務管理Q&A
https://work-holiday.mhlw.go.jp/material/pdf/category7/02.pdf
にてP22で適用対象と記載があります。ですので、⑤が不適切です。

 

論文テーマも働き方改革でしたので、口頭試験を考えるとここは抑えておきたかったですね。