古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

読書日記 未必のマクベス 早瀬耕著作

未必のマクベス読みました。

 

この話いずれは、また読み返したいと思うほど、ワクワクさせてくれるストーリ展開でした。サスペンス?ラブロマンス?スパイもの?どれもが当てはまり、そのどれでもないと思います。

 

是非一読してみてください。

 

 

 

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)