古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一(9)

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことをはじめてみます。
10月の試験に向けともに頑張りましょう!
 
問題9 平面応力状態における応力成分に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① 純粋せん断の応力状態では,主応力の和は零である。
② 主応力が作用する面と主せん断応力(最大せん断応力)が作用する面のなす角度は、45度である。
③ 主応力の差は,主せん断応力(最大せん断応力)に等しい。
④ 垂直応力成分の和は,座標系の取り方によらず一定である。 
⑤ 等二軸引張りの応力状態では,どの方向の面においてもせん断応力成分は零である。
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、③でした。
 
③ モールの応力円を頭に描ける人は強いかもしれませんね。
 単純せん断の場合は、主応力=主せん断応力ですから、この文は成立しませんね。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。