古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

読書日記 AX 伊坂幸太郎著

AX読みました。

暗殺者 兼 お父さんが主人公の物語です。

お父さんの気持ちが切々と伝わってきます。

暗殺稼業が焦点ではなく、「お父さん」にスポットライトが当たっており、少しコミカルでありつつ、張った伏線はきちんと回収されてモヤモヤすることがありません。

P312 全5編からなる物語です。2018年本屋大賞にもノミネートされるのも納得ですね。

 

 

 

AX アックス

AX アックス