古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 機械部門択一(1)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 

平成30年度 技術士二次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。
機械部門の技術士ですが、なかなか難しいですね。復習のためにも解説を残します。
来年度は、択一が無くなりますが、キーワードは覚えておいて損はないですよ。 
 
問題1 機械設計に関する用語について、次の記述のうち最も不適切なものはどれか。
① 設計の目標や制約条件を満足する設計案の中で,評価基準に照合させて最良のものを選ぶことを最適設計という。
② き裂伝播を対象とし,効果的な検査期間の設定と補修を行うことにより,耐用年数の安全運転の確保を目的とする設計を損傷許容設計という。
③ 耐用年数の間,全く損傷を生じることなしに運転できることを目標とする設計を安全寿命設計という。
④ 加工対象製品の形状,寸法,材質,公差などの設計情報に基づいて,適切な加工法,加工設備の設計又は選択加工作業に必要な作業手順の作成などを行うことを工程設計という。
⑤ 外力による塑性変形を少なくし精度を維持したり振動の発生を抑える設計を剛性設計という。
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、⑤でした。
 
弾性領域内であるのが通常ですね。