古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 機械部門択一(3)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 

平成30年度 技術士二次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。
来年度は、択一が無くなりますが、キーワードは覚えておいて損はないですよ。 
 
問題3 図に示すように,一様な長方形横断面を持つ片持ばりの先端に集中荷重が作用している。ここで,応力集中する左右両端から十分に離れた横断面におけるせん断応力τの分布図として,次の表のうち最も適切なものはどれか。なお、はりはねじられないものとする。
 

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20180929120927p:plain

~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、④でした。
 
東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 構造強度学研究室から引用させていただきました。
4.6 梁のせん断応力・せん断変形
 
4.6.1.2 曲げを受けた梁内部の主応力方向
にて、分布の図が記載されていますね。
断面のうち、表面(上下端)では、せん断応力は0となり、中央部で最大値を取り放物線を描きます。