古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 機械部門択一(14)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 
平成30年度 技術士二次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。
来年度は、択一が無くなりますが、キーワードは覚えておいて損はないですよ。
 
問題14 生産管理システムの代表的なものとしてプルシステムとプッシュシステムを挙げることができる。これら2つの生産管理システムに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① プルシステムの特徴は,生産のすべての段階において仕掛在庫を低減させることに主眼を置くところにある。
② プルシステムの代表例としてJIT (Just In Time)があるが,この方式ではロットサイズを大きくすることが求められる。
③ プッシュシステムの特徴は,原材料供給者,部品供給者、生産者,顧客に関する情報から詳細なスケジュールを作成し,それに基づいてマテリアルフローを前進させる方式を採るところにある。
④ プッシュシステムがうまく機能するか否かは,生産スケジュールの正確性に依存する。
⑤ プッシュシステムの代表例としてMRP (Material Requirements Planning :資材所要量計画)があるがこの方式では在庫情報を考慮しながら各部品や原材料の正味所要量と所要時期を決定する。
 
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、②でした。
 
JITでは、需要変化を考慮してロットサイズは小さくすることが求められています。
総監試験でも、生産管理システムの択一問題は出ますので、しっかり押さえておきましょう。