古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(16)

平成30年の試験は終わりましたが、平成29年度 技術士一次試験 衛生部門択一問題の解答解説っぽいことを続けてみます。

問題16 体温及び代謝量に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 人体の熱放散は,対流,放射, 伝導,蒸発の物理的過程からなる。 
② 温暖環境では,寒冷環境に比較して,身体内部と身体表層部の温度差が大きくなる。 
③ 自律性体温調節は、無意識に発現する自律神経やホルモンによる不随意性生理調節機能である。 
④ 高温の環境では,汗の分泌増加や血流量の増加で,代謝量はわずかに上昇する。 
⑤ 日本人の30歳代の平均基礎代謝量は,女子よりも男子の方が多い。

~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、②でした。
 
体温は36℃台ですが、温暖環境は30~40℃程度でしょうか。対して、寒冷環境として、0~5℃程度を考えた場合、伝熱モデルを考えると、
 体の内部→皮膚(表層部)→環境
の熱の流れから、体の内部と環境との温度差が大きければ、表層部が環境温度に近づきます。
 そのため、寒冷環境は身体内部と表層温度の差が大きくなります。
 逆に温暖環境は、身体内部と表層温度の差が小さくなります。

①は、
 対流:風などによる放熱
 放射:低温部への放射熱(冷たい物に近づくとひやっとする)
 伝導:皮膚に触れる空気や床などへの放熱
 蒸発:汗などが蒸発することで奪う潜熱

 

一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。