古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 衛生工学部門択一(3)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 
平成30年度 技術士二次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。
来年度は、択一が無くなりますが、キーワードは覚えておいて損はないですよ。
なお、衛生工学は勉強中のため、間違いがあればご指摘いただけると幸いです。
 
問題3 悪臭に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
硫化水素は, 腐った卵のような臭いがする。
アンモニアは,し尿のような臭いがする。
③ 悪臭の規制基準には,敷地境界線の地表における規制基準,気体排出口の規制基準,排出水の規制基準がある。
④ 特定悪臭物質の濃度による規制手法にするか,臭気指数による規制手法にするかは,都道府県知事及び市長が定める。
⑤ 臭気指数は,臭気濃度を対数表示したものではなく, 臭気強度を対数表示したものである。
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、⑤でした。
 
臭気指数規制ガイドライン
の5枚目に記載がありますね。
サンプルに無臭空気を混ぜ、臭気を感じなくなる希釈濃度を対数表示しているものですね。