古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

読書日記 沈黙のパレード 東野圭吾 著

沈黙のパレード読みました。

 

待ちに待ったガリレオシリーズの続編を一気読みしました。

 

今回も、ハラハラしながら二転三転する物語に翻弄されてしまいました。

前回から数年後、湯川先生はアメリカから帰ってきて教授職になっています。

 

 

最初読み始めたときには、「検察側の罪人」によく似たストーリだなぁと思ってたのですが、さすが東野圭吾先生。

想像以上の展開にドキドキしながら読み進めていきました。 

 


街の人々の感情を逆なでするような被疑者の行動に対して、私自身も同じような憎しみをもって読み進めていました。完全に入り込んでしまってます。

読み込ませる手腕、物語に入り込ませる手腕。さすがですよね。 

 

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 

 

 

 

 

 

最後にネタバレですが、

 

冷凍機に「あんなモノ」どうやって使うのでしょう?気になりました。

冷媒?媒体?また調べてみますね。