古賀恭一郎 技術士塾

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(14)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 

平成29年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをはじめてみます。
7月の試験に向け勉強しつつ、記録を残していきます。ともに頑張りましょう!
 
問題14 総務省労働力調査(詳細集計)」に基づく、我が国の平成27年の労働者の数に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
正規雇用労働者の数と非正規雇用労働者の数の合計は、10年前(平成17年)に比較して増加している。
② 非正規雇用労働者の数は、10年前(平成17年)に比較して増加し、正規雇用労働者の数を超えている。
③ 非正規雇用労働者を15才以上から64才まで10才ごと、及び65才以上の6つの階層に区分した揚合、最も数が多いのは25才から34才の階層である。
④ 非正規雇用労働者を雇用形態で区分した場合、「パート」「アルバイト」「派遣社員」「契約社員」「嘱託」のうち、最も数が多いのは「派遣社員」である。
⑤ 非正規雇用労働者のうち、正規の職員・従業員として働く機会がなく非正規で働いている不本意非正規の労働者の割合は、5割以上を占める。
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、①でした。
 
②正規 3304万人(2015年)3375万人(2005年)
 非正規 1980万人(2015年)1634万人(2005年)
 非正規雇用者数は増加してますが、平成27年度(2015年)は正規の職員や従業員の方が多いですね。
③ 男性は55歳以上、女性は45~54歳となってます。
④パート・アルバイト1365万人
  派遣社員126万人
  契約社員287万人
  嘱託   117万人
派遣社員が意外と少ないですね。
⑤16.9%(315万人)となってますね。
 
平成30年時点(平成29年集計)では、
①正規社員は3442万人(2015年は3327万人)と増加傾向。
 非正規社員は2061万人(2015年は1986万人)と増加傾向。
非正規社員は2005年にくらべてもじわじわ増えていますが、正規社員の方がまだ多いです。
③非正規の職員・従業員が多い年齢階級は男性では65歳以上及び55~64歳,女性では45~54歳及び35~44歳となってますね。
④パート・アルバイト1414万人
  派遣社員134万人
  契約社員291万人
  嘱託   120万人
とパート・アルバイトが多いのは変わりません。
不本意非正規の項目が無くなってますね。少し興味深いです。