古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(24)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 

平成29年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをはじめてみます。
7月の試験に向け勉強しつつ、記録を残していきます。ともに頑張りましょう!
 
問題24 下図は我が国における特許、実用新案、商標の2006年から2015年までの年間の出願件数の推移を示したものである。下図の(ア)~(ウ)に該当するものの組合せとして、最も適切なものはどれか。

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20190105082931p:plain

~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、④でした。
件数は
 特許>商標>実用新案
なんですね。
では、2017年度は
特許出願  318,479件
実用新案  6,105件
商標   190,939件
意匠   31,961件(参考)
となっており、上記グラフの関係は維持してますね。