古賀恭一郎 技術士塾

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

【新聞ネタ】廃プラ再生、投資拡大、中国の輸入規制余波、国内に新工場、処理コスト増懸念

日経新聞1/12朝刊記事より
 
近年海洋中のマイクロプラスチック(5㎜以下の微細なプラスチックごみ)が生態系に及ぼす影響が懸念されており、日経新聞の記事でも紹介されていました。
そんな中、廃プラスチックを輸入し、再生処理していた中国が環境対策のために、輸入を規制しました。日本の排出量903万トンのうち、約90万トン(1割)の実績がありましたが、そのほとんどが、輸出できなくなっています。
そのため、わが国内で再生処理が必要となり、コスト上昇と環境懸念があります。
一部資源再生大手においては、ビジネスチャンスになると考えられますが、国全体をみたときに、日本の外の状況が変わったことで、短期、そして中長期的な管理をしていかなければならないということですね。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
http://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-01/y031201-2r3.pdf環境省の資料ですが、他のアジア国も同様に輸入を制限していきますので、全体を見ながら対応策が必要と考えます。その点を総合技術監理の目線で整理してみたいと思います。
 
【社会環境管理】
 この記事は、環境管理面から発してますので、社会環境管理は最重要と考えます。その中でも、再生事業を国内で行う量が増加することで、発生する環境汚染面について、管理する必要があると考えます。再生工程において、発生する排気、排水などにマイクルプラスチックが含まれないよう基準があると思います。それらの順守についてわかりやすく周知するなど必要ですね。
 また、マイクロプラスチックのうち、一次マイクロプラスチックと呼ばれるものがあります。代表的なのは、歯磨き粉などのマイクロビーズですね。これらは、他国において、使用・流通を禁止が進んでいます。わが国における対策は、自主規制にとどまっていますが、強制力のある規制も視野に入れたほうが良いと思います。海外で禁止されているのであれば、代替品(バイオマスプラスチックなど)が存在すると考えられるためです。ただし、経済性管理や安全管理とのトレードオフには注意ですね。
 
【経済性管理】
 ビジネスチャンスである一方、記事中にもあった通り、家電などの処理コスト増加が懸念されます。安価に安全に、環境にやさしい処理方法を目指すべく研究開発が必要となってきます。政府としても、なんらかの取り組みが必要になると考えます。
 
【情報管理】
 現時点までの、プラスチック排出量情報はありますが、海洋汚染の実態調査が未実施のようです。海洋汚染の実態調査を行い、情報収集が必要と考えられます。そのうえで、施策を取り込み、効果確認が必要と考えます。
 
【人的資源管理】
 プラスチックを使う法人、個人に対する教育があげられます。また、個人、法人のよい傾向となる取り組み(スタバのプラスチックストロー廃止など)を評価し、取り上げるというのは、よい取り組みだと思います。
 
【安全管理】
 とくに思いつきませんでした。
 
 
※注意! 
私古賀はまだ総合技術監理部門の受験生ですので、本見解は的外れの可能性があります。そのつもりで読んでいただけると幸いです。