古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士一次試験 機械部門択一(5)

平成31年の試験に向け、平成30年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことを続けてみます。
 
問題5 下図に示すように,一様断面の長さの単純支持はりに支点Aから a(0≦a<l/2)の位置にある点Cに集中荷重Pが作用しているとき,はりの中央(支点Aから1/2の位置)に発生する曲げモーメントとして,最も適切なものはどれか。

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20190216182015p:plain

~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、④でした。
 
l/2は、C-B間にありますね。
そこで、支点Bの反力をRbとすると、
 Rb=P・a/l
となります。
ということで、曲げモーメントMは、
 M=Rb×l/2
ですので、式を代入して、
 M=P・a/l×l/2
 =Pa/2
と解答④に一致しましたね。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。