古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士一次試験 機械部門択一(14)

平成31年の試験に向け、平成30年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことを続けてみます。
 
問題14 入力をシステムの要素に加えると応答が得られる。A群の入力関数とB群の応答の組合せとして,最も適切なものはどれか。

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20190223151817p:plain

 
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、①でした。
 
ランプ応答
 f(t)=u(t)
で表せる、線形比例の特性ですね。
(イ)のように定義されています。
 
インパルス応答
 ハンマで鐘をたたくような継続時間が比較的短い衝撃的な入力を単位インパルス関数と呼びます。
この時の応答が、同じく衝撃的に立ち上がった後、なだらかに出力が減少していく応答をいいます。
(ウ)のように定義されています。
 
ステップ応答
 一度入力されるとその結果が継続されるような関数を単位ステップ関数と呼びます。
この時の応答をステップ応答と呼び、(ア)のように定義されています。
 
JSMEテキストシリーズ制御工学P30~32を参照しました。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。