古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

読書日記 孤狼の血 柚月裕子著

盤上の向日葵の作者の作品 孤狼の血を読みました。

 

暴力団対策係に配属された若手警察官日岡と、暴力団との関係がうわさされるベテラン大上がおりなすサスペンスドラマです。

 

面白い。とにかく面白いです。後半にあっと驚く仕掛けにもまんまと騙されました。

 

 破天荒な捜査方針を続ける大上に対し、腕っぷしも度胸もあり、頭も切れる日岡がつねに正義とは何かを悩み続ける物語です。

大上の捜査は完全な違法捜査です。それでも、大上なりの正義を貫くため、躊躇なく法を破り続けます。その行動に疑問を持ちつつも、感化されていく日岡をたくみに描いており、日岡の変化が伝わってきます。

 

柚月先生の作品は、さらに調べてみたいと思います。

 

 

 

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)

 

 

kyoichirhokogajpemecha.hateblo.jp