古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士一次試験 機械部門択一(21)

平成31年の試験に向け、平成30年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことを続けてみます。
(こちらはまだ未完成です。)
 
問題21 下図に示すように, ばね定数k1のばね, ばね定数k2のばね, 質量が無視できる動滑車、質量mのおもり,及び質量が無視できるひもからなる振動系がある。このおもりが上下に振動する場合の固有角振動数として,最も適切なものはどれか。なお,重力加速度の大きさをgとする。
 

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20190316200736p:plain

 
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、でした。
 
解説はいずれ機会があれば更新したいと思います。
 
おもりに作用するひもの張力をTとし、加速度をv’とすると、
 mv’=mg-T
 
ばねの伸びはそれぞれ
 x1=2T/k1
 x2=2T/k2
 
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。