古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(19) 化学的酸素要求量(COD)

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 平成29年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。
 
問題19 化学的酸素要求量(COD)に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
 
① 一般に,水の有機物質による汚濁の指標として用いられる。
② 生物化学的酸素要求量(BOD)に比べ,短時間で測定できる。 
③ 酸化剤としては,過マンガン酸カリウムや二クロム酸カリウムが用いられる。 
硝酸性窒素は, CODとして検出される。 
⑤ 使用する酸化剤の種類や加熱時間の違いにより,測定値は異なる。
 
~~~~~~~~~~

 

技術士会の正答は、④でした。
 
硝酸性窒素アンモニアを含んだ物質でしょうか。し尿や肥料などが影響していると思われます。
環境省より、危険な物質であるため、監視項目にしています。
10mg/Lを指針値 としているということで、検出が可能な項目であり、環境基準もあるため、別の項目として検出されることはないと考えられます。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。