古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

平成29年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(25) リサイクル

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
平成29年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。
 
問題25 リサイクルに関する次の記述の,[   ]に入る語句の組合せとして,最も適切なものはどれか。
 
リサイクルは一般に, マテリアルリサイクル [ A ]リサイクル, サーマルリサイクルに分類される。このうち, マテリアルリサイクルは, [ B ]として使用するものである。近年, リサイクルは様々な物品で進んでおり,たとえば, ペットボトルの回収率(市町村分別収集量と事業系ボトル回収量の合計を指定ペットボトル販売量で除した値)は平成24年度で[ C ]%である。
 
① A:ケミカル    B:素材, 原材料    C:90.4
② A:カスケード    B:エネルギー    C:90.4
③ A:ケミカル    B:エネルギー    C:80.4
④ A:カスケード    B:素材, 原材料    C:70.4
⑤ A:カスケード    B:素材, 原材料    C:80.4
 
~~~~~~~~~~

 

技術士会の正答は、①でした。
 
Aの候補であるケミカルリサイクルは、下URLの通り化学反応後にリサイクルすることを指します。
一方、カスケードリサイクルは下URLを拝見すると、リサイクルの方法ではなく、カテゴリーが近いようです。
 
Bマテリアルリサイクルは文字通り材料をリサイクルするものですので、[素材、原材料]が当てはまります。
 
C回収率は、下URLより、90.5%、2017年で92.2%とさらに向上しています。

回収率推移など|統計データ|PETボトルリサイクル推進協議会

(PETボトルリサイクル推進協議会より)
※0.1%のずれは判明しませんでしたが、統計処理上のミスでしょうか?
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。