古賀恭一郎の日記

現在URL変更に伴い、「Not Found」ページが表示される可能性があります。お手数ですが、TOPに表示されている「古賀恭一郎の日記」をクリックしていただき、必要なページを探していただきますようお願い申し上げます。

平成29年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(33)環境用語と説明文

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 

環境に関するキーワードは多数あります、EMS、PRTR、PPP、EPRなどはきちんと覚えておきたいですね。
 
問題33 次の環境に関する用語とその説明文について、□に入る語句の組合わせとして最も適切なものはどれか。

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20190119191131p:plain

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20190119191147p:plain

~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、④でした。
EMS=環境マネジメントシステムですね。
  ISO14000シリーズ
PRTR=特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律
  化学物質に関するキーワードですね。
PPP=汚染者負担の原則ですね。
EPR=拡大生産者責任ですね。
 
解答になかった、二つのキーワードですが、
SRI=社会的責任投資ですね。経営者にCSRに取り組むよう圧力をかける手段として、CSRに消極的な企業は投資リストから除外するなどの手段を取ることですね。
RoHS電気・電子機器に含まれる特定危険物質の使用制限についての指令(EU)ですね。
ほかにも、
ESG=「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」。企業に投資する際、さきの3要素に照らして「優れた企業」を選んで投資する手法が、ESG投資といいます。
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
などありますね。