古賀恭一郎の日記

現在URL変更に伴い、「Not Found」ページが表示される可能性があります。お手数ですが、TOPに表示されている「古賀恭一郎の日記」をクリックしていただき、必要なページを探していただきますようお願い申し上げます。

令和元年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(22)生活環境の保全

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 令和元年年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。

https://archilink.jp/heterogeneous-applications

衛生工学部門の勉強のため、択一問題の解答解説をまとめていきます。間違いがあればご指摘いただけると幸いです。
 
問題22 生活環境の保全に関する環境基準項目と適用される水域の組合せとして,最も不適切なものはどれか。
 
環境基準項目:生物化学的酸素要求量(BOD)  適用される水域:
環境基準項目:化学的酸素要求量(COD)    適用される水域:
③ 環境基準項目:水素イオン濃度(pH)      適用される水域:
④ 環境基準項目:大腸菌群数          適用される水域:
⑤ 環境基準項目:溶存酸素量(DO)       適用される水域:
 
 
~~~~~~~~~~

 

技術士会の正答は、①でした。
 
BODは河川の基準ですね。
湖沼は、CODが基準となります。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。