古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

技術士第二次試験 筆記論文添削講座

<添削を希望される方は右のお問い合わせフォームから申し込みできます。>
 
◇受講対象者◇
技術士第二次試験 機械部門の受験者を対象とします。(※総合技術監理部門はおいおい対応する予定です。)
 
GメールからWordを添付したメールを受け取れて添付ファイルを確認でき、Wordで返信できる方に限定します。
(Gメールの使用を強制するわけではなくGメールからメールを受け取ることが前提です。)
論文作成方法などは、総合技術監理部門のぞく全部門で同じですが専門性などを考慮すると、別部門の受験者の方は、他の技術士を探された方が無難だと思います。
 
◇添削料金、回数および期間◇
料金は、1論文1万円(前払い)です。添削回数に制限はありません。私が納得いくまで行います。
返信は最短当日中~6日程度いただきます。
添削期間は下記を除き制限ありません。
(筆記試験~10月末の合否発表まではお休みさせていただきます。)
 
◇添削内容及び方法◇
過去問を利用してA判定論文の作り方を覚えていただきます。
過去の不合格論文の添削も可能です。
 
◇受講生へのお願い◇
今後の添削指導にフィードバックするためと私自身のモチベーション維持のため、受講生全員に筆記試験後に合否通知(A・B・C)を連絡いただきます。連絡いただけない場合は、以降の受講をお断りさせていただきます。
 
◇添削を希望される方は◇
申込み前に右記問い合わせフォームからメールアドレスの連絡をお願いします。
Gメールの送受信確認も含めて行います。
料金支払い方法など詳細はメールにて説明いたします。
 
技術士試験全般の質問であれば一次、二次問わず常時受け付けております。