古賀恭一郎の日記

現在URL変更に伴い、「Not Found」ページが表示される可能性があります。お手数ですが、TOPに表示されている「古賀恭一郎の日記」をクリックしていただき、必要なページを探していただきますようお願い申し上げます。

読書

読書日記 魔眼の匣の殺人 今村昌弘著

屍人荘の殺人の続編、魔眼の匣の殺人読みました。 これも面白い。 すべてに意味があり、すべての伏線を回収しきってくれました。最後の謎解きにまできちんと意味を持たせた点にはお見事と思うほかありませんでした。 主人公はひとつ年上の美(少?)女探偵と…

読書日記 逃げるは恥だが役に立つ1~5巻 海野つなみ著

星野源さんと、新垣結衣さんが主演したドラマの原作マンガ、逃げるは恥だが役に立つ読みました。 恋ダンスも話題でしたが、「平成時代に放送されていた今見ても感動すると思う恋愛ドラマ」ランキングの1位となっていたのですね。それくらい面白くて感動する…

読書日記 屍人荘の殺人 今村昌弘著

映画化や鮎川哲也賞受賞、このミステリーがすごい!1位など数々の賞を受賞した屍人荘の殺人読みました。 これは面白い。 読み始めて、コレはあり得ない!と思ったのですが、世の中は身体が縮んだ少年が事件を解決する物語も大人気ですので、これくらい許容…

読書日記 小説 樋口廣太郎 最強の経営者 高杉良著

小説 樋口廣太郎 最強の経営者を読みました。 アサヒビールをスーパードライで立て直した立役者の小説ということで、楽しみに読んでみたのですが、当時の背景や人物像をよく知らないまま読み始めてしまったため、文脈をつかむことに苦労しました。ライトノベ…

読書日記 進撃の巨人(1)~(23) 諫山 創著

全世界で累計1億部突破した進撃の巨人読みました。 ファンタジーマンガ、青年向けです。 謎だらけ、そして謎が解けても、さらなる謎が世界を覆っているという深い物語です。読み始めて2巻途中の絶望感に吐き気が止まらない展開すぎて、途中で読むのを止めて…

読書日記 ノースライト 横山秀夫著

ノースライト読みました。 ミステリー小説ですが、殺人は起きません。一級建築士が主人公で、葛藤といろんな謎、過去来日した建築士の思想に触れる。そんな物語です。 バブル崩壊で腐ってしまった主人公が少しずつゆっくりとですが、建物作りの熱い思いを思…

読書日記 ソードアートオンライン023 ユナイタル・リングⅡ 川原礫著

ソードアートオンライン23巻ユナイタル・リング読みました。 いろんな展開がありましたが、拠点を守りつつ、仲間が集結していく物語です。前巻がなぜ挟み込まれたのか、やっとわかりました。 経験豊富なキャラクター達が、初期レベルに戻された状態から強敵…

読書日記 からかい上手の高木さん12巻 山本崇一朗著

からかい上手の高木さん12巻読みました。 ただただ、主人公の西片が高木さんにからかわれ続けるだけのお話です。 それがまた面白く、二人が可愛らしい。こんな青春時代を送りたかったと思わせる内容です。 もう付き合えばいいのに。 普段は、西片が一方的に…

読書日記 くノ一ツバキの胸の内 4巻 山本崇一朗著

山本先生の著作 くノ一ツバキの胸の内4巻読みました。 可愛くて個性的な女の子がいっぱいのくノ一のお話です。 山本先生はキャラづくりをしっかりしてからマンガを描いているように感じました。どんどん新キャラが出てくるのですが、それぞれが今までのお話…

読書日記 童の神 今村翔吾著

童の神(第10回角川春樹小説賞受賞作)を読みました。 あの時代の記録には英雄譚の敵側としてのみ描かれるであろう設定ですね。あぁこういう見方をすれば、鬼、土蜘蛛、滝夜叉、山姥、夷、百足、夜雀、犬神、、、各地に語り継がれる怪物たち(童)は、ただの…

読書日記 ソードアートオンライン022 キス・アンド・フライ 川原礫著

ソードアートオンライン22巻キス・アンド・フライ読みました。 前巻から少し離れた短編集です。プログレッシブで登場したキャラクターや絶剣ユウキの物語、アインクラッドでの重要人物サチの物語などがあります。 登場人物たちが、ゲーム世界の中での課題に…

読書日記 傲慢と善良 辻村深月著

傲慢と善良読みました。 圧倒的な”恋愛”小説。と銘打たれたこの物語ですが、最初はそんな風ではありません。この物語は読み進めれば進めるほど、圧倒されます。 この作品も、とても良かった。一気読みしました。 さわやかな感動を与えてくれて、私も前に進も…

読書日記 弱虫ペダル 渡辺航著 64巻

弱虫ペダル64巻 読みました。 64巻は、坂道君が新たなチャレンジのため、新しい道に踏み出します。人は、一度成功すると、その体験から離れられないものです。 しかし、坂道君はとても素直に、新たな道を踏み出しました。とても好感がもてる主人公です。私も…

読書日記 キングダム56巻 原泰久著

キングダム56巻読みました。 秦軍が趙に攻め込んで15日目となりました。大きく戦局が動きます。そして、敵将李牧と秦連合軍の大将王センが戦場の真っただ中で、直接対話を行います。どんどん追い詰められていく李牧に対して、有利と判断したのでしょう。ただ…

読書日記 狂犬の眼 柚月裕子著

孤狼の血の続編 狂犬の眼 を読みました。 前作に出ていた日岡がメインとなるサスペンスドラマです。警察社会に逆らったため、県外れの地域駐在所へ左遷されたところから物語は進みます。 チラッと「検事の信義」とクロスするところがありますので、ファンの…

読書日記 検事の信義 柚月裕子著(佐方貞人シリーズ)

検事の信義を読みました。 日岡が出ている狂犬の眼と物語がクロスする、「正義を質す」や、「裁きを望む」、「恨みを刻む」、「信義を守る」など計4作が描かれています。 正義を質す では、佐方と日岡の人物像を比較する描写がありますが、それぞれの正義感…

読書日記 アルスラーン戦記 漫画 荒川弘著 原作 田中芳樹著 12巻

アルスラーン戦記12巻 読みました。 王都エクバターナを征服したルシタニア王国の面々と、西進していく王太子アルスラーンの物語です。 宝剣ルクナバード、アンドラゴラス王の執念、そして「私の子を返して」今後の展開が気になるキーワードがそこら中に散り…

読書日記 合理的にあり得ない 柚月裕子著

合理的にあり得ないを読みました。 元弁護士の美人探偵と、なんでもこなす優秀な助手が様々な事件を解決する短編集です。 法律違反ギリギリを攻めながら、悪者を懲らしめるストーリーになっていますので、短時間にスカッとしたい方にはおススメです。 2人の…

読書日記 くノ一ツバキの胸の内 1~3巻 山本崇一朗著

山本先生の著作 くノ一ツバキの胸の内読みました。 可愛い女の子いっぱいのくノ一学校物語です。 オトコという生き物を知らない女の子たちが、忍術を学びながら、日常生活を送ります。 山本先生が描く女の子たちは本当にかわいいですね。 次も楽しみです。 …

読書日記 それでも歩は寄せてくる1、2巻 山本崇一朗著

それでも歩は寄せてくる読みました。 高木さんとは異なり、ヒロインが照れさせられるこの物語。男子も女子も可愛いです。 将棋好きなヒロインと、ヒロインが好きな男子の何気ない日常物語です。私もこんな青春を過ごしたかった!! そして「んあっ!」がツボ…

読書日記 検事の死命 柚月裕子著(佐方貞人シリーズ)

検事の死命を読みました。 検事の本懐の続編である「業をおろす」や、佐方の生き方を真正面から描く「死命をかける」、「死命を決する」など計4作が描かれています。 法廷サスペンスとして読むなら、「死命~」の2作が、一度読み始めると止まらない展開に…

読書日記 検事の本懐 柚月裕子著(佐方貞人シリーズ)

検事の本懐を読みました。 最後の証人で劇的な法廷劇を魅せてくれた佐方貞人の検事時代や学生時代、父親の有罪などが描かれている物語です。こうして佐方貞人が形作られてきたことがよくわかります。 本作は短編集で、床に就く前にちょっと読むには最適な長…

読書日記 弱虫ペダル 渡辺航著 63巻

弱虫ペダル63巻 読みました。 63巻は、とうとう長かったインターハイに決着が着きます。千葉総北のゼッケン1主人公の小野田坂道(主人公)と箱根学園の真波山岳のどちらが優勝するのか。 決着は、ぜひ読んで確認してくださいね。 36巻からずっと自転車に乗…

読書日記 キャズムVer2 新商品をブレイクさせる超マーケティング理論 ジェフリー・ムーア著

キャズムを読みました。 ハイテク企業が発展していくとき、キャズム(谷)を乗り越える必要がある。そのためには、ホールプロダクト※に注力しなければならない。 このキャズムを乗り越えるとき、ハイテク企業は脱皮しなければならず、各人の役割も変わり、相…

読書日記 マンガMBA流 決算書の読み方 かんべみのり著

マンガMBA流 決算書の読み方 読みました。 マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本の作者が書かれた決算書に関するマンガです。とてもわかりやすく事例を紹介されているので、企業分析や戦略立案に活用するため、お金の出入りを分析する…

読書日記 キングダム55巻 原泰久著

キングダム55巻読みました。 秦軍が趙に攻め込んで14日目となりました。兵糧が尽きかけている秦軍が死力を尽くして攻めております。両軍戦死者がどんどん増えてきており、そろそろ決着が着くのではないかと思っています。続巻も楽しみですね。 7国を統一す…

読書日記 残業学 中原淳著

残業学を読みました。 職場でも、後輩ができマネジメントの真似事を始めているのですが、私をはじめ後輩たちの残業が多く是正できないか効率化に取り組んでいます。 そんな中、Twitterで本書の紹介があり、手に取ってみました。 精神論ではなく、「残業」と…

読書日記 生涯投資家 村上世彰著

生涯投資家を読みました。 著者の印象的な一幕といえば、記者会見で「お金儲けは悪いことですか?」と発言されていたところでしょうか。 その村上氏の考え、わが国に対する思いを語った本作はとても興味深いものでした。 前半は、村上氏が投資家になり、活躍…

読書日記 ルパンの帰還 横関大著

ルパンの娘(2019年ドラマ化)の続編、ルパンの帰還を読みました。 新たに探偵一家の息女である北条美雲がメインとして登場しています。北条家も、三雲家と因縁があるということで、桜庭家、三雲家も頭が痛いですね。 美雲は、頭が切れて美人だが少しドジ、…

読書日記 最後の証人 柚月裕子著(佐方貞人シリーズ)

最後の証人を読みました。 元検事の弁護士が主人公です。法廷で切り開かれていく真実に目を見張るばかりです。 単純な物語とタカをくくって読み進めるとイタい目にあいますよ。 法を犯すのは人間だ、人間を見ろ。 水面の波紋だけを見るのではなく、水底まで…