古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(36)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。

 

問題36:仮想評価法(Contingent Valuation Method)に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。なお仮想評価法は仮想的市場評価法と, また受入補償額は受け入れ意思額や受取意志額と,支払意思額は支払意志額と呼ばれることもある。
① 仮想評価法はアンケート調査を用いて便益を計測する手法であり,利用者の行動の変化や地価の変化に基づく分析に適する手法である。
② 二項選択方式は,提示された価格に対して購入の可否を決める人びとの実際の購買行動に類似していることから,金額の回答方式として用いることが多い。
③ インターネットアンケートによる方法は,郵送調査法や面接調査法に比べ調査期間が短い上に比較的標本数確保が容易であるため,調査手法として用いることが望ましい。
④ 受入補償額は,支払意思額に比べ回答者が答えやすく,さらに評価額の過大推計を避けることができる。
⑤ 調査対象を明確にするため,事前調査に先立ってアンケート草案を作成したうえでプレテストを行う必要がある。

~~~~~~~~~~

技術士会の正答は、②でした。(私は間違えました。)

 

①地価の変化は「ヘドニック価格法」。

③仮想的市場評価法(CVM)適用の指針http://www.mlit.go.jp/tec/hyouka/public/090713/cvmshishin/cvmshishin090713.pdf

 10ページ目には「回答者がインターネットを利用できる人に限定されるという偏りの補正が困難なため、他の調査方法を用いることができる場合は適用を避けるのが望ましい。」とあります。

④上URL「受入補償額を用いて CVM を行うことは避けるべきである。」

⑤上URL「調査票の分かりやすさや、支払意思額を尋ねる際の提示金額(支払提示額)の妥当性を確認することを目的として、CVM の本調査を実施する前に、プレテストを実施するのが望ましい。」

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一(31)

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことを進めています。
10月の試験に向けともに頑張りましょう!
 
問題31 鉛直下向きに重力が作用する縮小管がある。管内を上向きに水が流れているとき,図中の断面と断面2の圧力差 ΔPを与える式として,最も適切なものはどれか。ただし、断面1,2の面積はそれぞれA, A/2であり,水の密度はρ,体積流量はQ,高さの差はh, 重力加速度はgとし,圧力損失は無視できるとしてよい。

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20180923154941p:plain

~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、②でした。
 
水が流体ですので、非圧縮性流体と見れますね。
 
 P=1/2・ρ・v^2+ρ・g・h
      =1/2・ρ・(Q/A)^2+ρ・g・h
 
断面①の高さhをゼロとすると、断面②の高さはhとなる。
 
 ここで、各部の圧力P1、P2は、
 
 P1=1/2・ρ・v^2
  =1/2・ρ・(Q/A)^2
 
  P2=1/2・ρ・(2Q/A)^2+ρ・g・h
 
 ΔP=P2-P1=1/2・ρ・(2Q/A)^2+ρ・g・h-1/2・ρ・(Q/A)^2
   =1/2・ρ・3・Q^2/A^2+ρ・g・h
   =ρ・g・h+3・ρ・Q^2/(2・A^2)
 
 と解答②になりますね。
 
このままのペースでいくと、一次試験10/7に間に合わないかもしれませんね。
できる限りペースアップしていきますので、受験者の方々も頑張ってくださいね。
もし、質問やこの問題を優先してほしいなど要望があればコメント欄で連絡してください。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(35)

平成30年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説っぽいことをやってます。

 

問題35:第四次環境基本計画における環境政策の原則及び手法に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。
生物多様性保全のような科学的な不確実性を伴う環境問題には,予防的な取組方法を適用せず,順応的取組方法の考え方に基づき対策を講じていくことが重要である。
拡大生産者責任とは,製品などの設計や製法に工夫を加え,汚染物質や廃棄物をそもそも出来る限り排出しないようにしていくことである。
③ 自主的取組手法は,事業者などが自らの努力目標を社会に広く表明し,政府がその進捗点検を行うことなどによって,一層大きな効果を発揮する。
④ 枠組規制的手法とは,各主体の意思決定過程に,環境配慮のための判断を行う手続と環境配慮に際しての判断基準を組み込んでいく手法である。
⑤ 経済的手法に関する環境施策の例として,課税等による経済的負担を課す方法,固定価格買取制度や環境性能表示が挙げられる。

~~~~~~~~~~

技術士会の正答は、③でした。(私は間違えました。)

 

①環 境 基 本 計 画

https://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/plan/plan_4/attach/ca_app.pdf

このような環境影響が懸念される問題については、科学的証拠が欠如していることをもって対策を遅らせる理由とはせず、科学的知見の充実に努めながら、予防的な対策を講じるという「予防的な取組方法」の考え方に基づいて対策を講じていくべきである。

とあります。

②環境適合設計(DfE)のことが記載されてます。

拡大生産者責任とは、生産者がその生産した製品が使用され、廃棄された後においても、当該製品の適正なリサイクルや処分について一定の責任を負うという考え方(青本6.1.2 拡大生産者責任参照)

④手続的手法のことが記載されてます。

規制的手法を含めた環境保全のための政策手法

https://www.env.go.jp/council/02policy/y022-19/ref07.pdf

 枠組規制的手法とは,目標を提示してその達成を義務づけ、あるいは一定の手順や手続きを踏むことを義務づけることなどによって規制の目的を達成しようとする手法です。

⑤「経済的手法」補助金、税制優遇による財政的支援、課税等による経済的負担

を課す方法、排出量取引固定価格買取制度等がある。

から、「環境性能表示」が入ってません。

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一(35)

平成29年度 技術士一次試験 機械部門択一問題の解答解説っぽいことをはじめてみます。
10月の試験に向けともに頑張りましょう!
 
問題35 入口と出口の圧力差が一定に保たれている内径Dの円管内部の流れを考える。流量Qと円管内径D及び流体の粘性係数nの関係に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。ただし, 円管内の流れは十分発達した非圧縮定常流れとし, 層流状態であるとする。
 
① Qは, Dの1乗に比例し, μに反比例する。 
② Qは, Dの2乗に比例し, μ に反比例する。 
③ Qは, Dの4乗に比例し, μに反比例する。 
④ Qは, Dの2乗に比例し, μの2乗に反比例する。 
⑤ Qは, Dの2乗に比例し, μ に依存しない。
 
~~~~~~~~~~
技術士会の正答は、③でした。
 
円管内の圧力損失の式は、
 ΔP=f・L/D・ρV^2/2
となり、fは管摩擦係数で層流の場合、64/Reとなります。
Lは管長さ、Dは内径、ρは流体の密度、Vは流速です。
さらに、Reはレイノルズ数
 Re=ρVD/μ(おぉ問題24と表現が異なりますね。許してください。^^;) 
となります。これらを圧力損失の式に代入すると、
 ΔP=64・μ/ρVD・L/D・ρV^2/2
   =32・μ・L・V/D^2
ここで、流速Vで整理すると、
 V=ΔP・D^2/(32・μ・L)
本問題に関係ない、「32」と「L」、一定に保持されている「ΔP」を除外すると、
 V∝D^2/μ (∝は比例ですね。)
流量Qは、
  Q=V×A=V×D^2×π/4
となり、今回に関係ない「π/4」を除外しつつ、Vを代入すると、
 Q∝D^2/μ×D^2
    ∝D^4/μ
 
と③の解答と同じになりましたね。
 
一次試験は、とにかく過去問を繰り返し解くことが、合格への近道です。
頑張ってください。

サーチインサイドユアセルフ チャディー・メン・タン作

サーチインサイドユアセルフ読みました。

 

 

 勤め先でマインドフルネスの研修があり、その時に紹介されたので、一度手に取ってみました。

瞑想によって、心を鍛えることができるという点、気に入っています。

さっそく、朝晩の一日二回マインドフルネス瞑想を続けており、スッキリした気分を味わうとともに、少なくとも集中力がじわじわ向上しているように感じます。

 

マインドフルネス瞑想
命がかかっているように呼吸する。
マインドフルネスは注意とメタ注意を鍛える。
メタ注意とは、自分の注意がそれたことに気づく能力である。
メタ注意を鍛えることで集中力を保つことができる。
 
マインドフルネスは筋トレと同じように心を鍛えることができる。
呼吸に集中する。この状態は長く続かず気の散った状態におちいます。
対策として、
第一に呼吸のプロセスに注意を戻す
第二に注意を戻すプロセスは心の筋肉を発達させていると考える。
第三に自分に対する態度を自覚し出来れば自分に対する優しさと好奇心に変える。
 
姿勢
色々あるが隙を無くしリラックスできる姿勢であれば、好きな姿勢で構わない。
 
1.認める。
 何かが起こっていることをただただ認める。
 
2.評価や判断も反応もせずに経験する。
 ただそれを経験する。放っておく。
 反応するまでに間を置く。
 
3.反応する必要があってもマインドフルネスは保ち続ける。
 意図と動きと感覚の三つに対してマインドフルネスの状態を保ち続ける。
 
4.放してやる。
 気を散らす原因が去りたがってるなら、放す。そうでなければ放っておく。
 
 
 
ほかにも、様々な瞑想について書かれていますので、自信の心が強くなってくるたびに、または、問題が生じるたびに、それぞれの瞑想にチャレンジしてみようと思います。
 
一度読んでみて、マインドフルネス瞑想しませんか?

 

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法