古賀恭一郎の日記

現在URL変更に伴い、「Not Found」ページが表示される可能性があります。お手数ですが、TOPに表示されている「古賀恭一郎の日記」をクリックしていただき、必要なページを探していただきますようお願い申し上げます。

読書日記 大名倒産 上・下 浅田次郎著

大名倒産 上・下読みました。

 

とんでも無い題名に惹かれて読み始めました。

江戸時代末期、武士の力が弱まり、商人の力が強まってきたころ、200年以上に積もり積もった莫大な借金と、それを知らずに跡を継いでしまった若き大名の人情コメディです。

経営トップが、運営団体の懐事情を把握していないなんて想像もできませんが、お金に関して知らないままの殿様もいたんでしょうね。

色々な人生を追いつつ、人や神様の力も借りての倒産回避はうまくいくのか。クスっと笑ったり、泣けてきたりの物語でした。江戸当時の描写もリアルにあり、興味深く読めました。

 

大名倒産 上 (文春e-book)

大名倒産 上 (文春e-book)

 

 

 

大名倒産 下

大名倒産 下

 

 

令和2年度 技術士二次試験直前になりましたね。

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。

 

 本年度の技術士二次試験 が9/21と9/22に行われます。

この日のために準備を進めてきた皆さん。ぜひ受験して、合格しましょう!私も応援します。

急に涼しくなってきましたので、体調管理には気をつけてください。また、例年とは異なった注意が発表されています。よく読んでおいてください。

 

https://pecms.engineer.or.jp/previews/000/000/071/attach_7152_4.pdf

読書日記 インプット大全 樺沢紫苑著

インプット大全 読みました。

 

アウトプット大全の著者が書く、インプットの本です。

 

 過去記事はこちら

読書日記 アウトプット大全 樺沢紫苑著 - 古賀恭一郎の日記


 

アウトプット大全の一部を活用している中で、本書が出たため、さっそく読んでみました。

割と実践している内容が多かったのですが、新たな視点もいただくことができました。例えばマンダラチャートによる自分の欲しい情報の事前整理は、さっそく作って活用しています。ありがたい話です。

私は定期的にサイクリングを楽しんでいるのですが、アイディアや文面などはサイクリング中や後の方が出やすいと思ってました。この本ではその実際の説明がありうれしくなりました。また、本を読む際は、「こういったことを学ぼう」と思って読むよう心掛けているのですが、そういった考え方も本書ではおススメされています。

インプットに自信のない方や増強したい方はぜひ手に取って見られてはいかがでしょう。

 

学び効率が最大化するインプット大全

学び効率が最大化するインプット大全

 

 

令和元年度 技術士一次試験(再) 機械部門択一(1)剛体壁と二つの部材

令和元年度 技術士一次試験(再) 機械部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の機械工学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。 から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。
 
問題1 下図に示すように,部材1と2を剛体壁に固定し,部材 1と2の平行な隙間をλ( λ≪ L1, L2 )とする。A端に右方向の軸荷重を負荷してB端に密着させた後,A端とB端を接合した。その後,A端に負荷した軸方向荷重を除荷したとき,部材1と2に発生する応力 σ として,最も適切なものはどれか。ただし,部材1と2の縦弾性係数をE1, E2, 長さをL1,L2,部材1と2の直径は共に d とし,剛体壁は剛体床に固定されているものとする。
 

f:id:kyoichirhokogajpemecha:20200913155228p:plain

技術士会問題抜粋 問題図
~~~~~~~~~~ 続きを読む

令和元年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一(まとめ)

こんにちは、技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 
令和元年度 技術士二次試験 総合技術監理部門択一問題の解答解説まとめです。
 
問題と解説を私の気分次第で順番もバラバラに作ってますので、リンクまとめを作ってみました。お役に立てれば幸いです。