古賀恭一郎の日記

現在URL変更に伴い、「Not Found」ページが表示される可能性があります。お手数ですが、TOPに表示されている「古賀恭一郎の日記」をクリックしていただき、必要なページを探していただきますようお願い申し上げます。

令和元年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(12)消火設備

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 令和元年年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。

https://archilink.jp/heterogeneous-applications

衛生工学部門の勉強のため、択一問題の解答解説をまとめていきます。間違いがあればご指摘いただけると幸いです。
 
問題12 消火設備に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① 火災は,A火災 (普通火災),B火災(油火災),C火災(電気火災),D火災(金属火災)に区分される。 
② 消防の用に供する設備は,消火設備,警報設備,避難設備の3つに分類される。 
③ 屋内消火栓設備のホース先端における放水圧力は7MPaを超えないように規定されている。
④ 屋外消火栓設備は,1階及び2階の床面積の広い建物に設置し,屋外から屋内に向けて放水によって消火する設備であり,1階及び2階の部分に限って有効な消火設備である。
⑤ ドレンチャー消火設備は,建物外部の火災に対し外壁,屋根,開口部に水幕をつくって延焼を防ぐための設備である。
 
~~~~~~~~~~ 続きを読む

令和元年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(11)ボイラー

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 令和元年年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。

https://archilink.jp/heterogeneous-applications

衛生工学部門の勉強のため、択一問題の解答解説をまとめていきます。間違いがあればご指摘いただけると幸いです。
 
問題11 ボイラーに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① ボイラーの容量は,定格出力すなわち最大連続負荷における毎時出力によって表され,蒸気ボイラーの場合は換算蒸発量kg/h] 又は実際蒸発量 [kg/h],温水ボイラーの場合は熱出力 [kW]で表すのが通常である。
② 真空式温水機は,鋼板製若しくは鋳鉄製のボイラーの大きな蒸気室に熱交換用のコイルをいくつか配置し,ボイラー内部の蒸気で間接的に暖房用水,給湯用水,プールの水などいくつかの系統の温水を1つのボイラーで加熱するものである。
貫流式ボイラーは,燃焼室を取り巻く水管を給水が通過する間に,完全に蒸発する比較的小容量の蒸気ボイラーで,構造が簡単で効率も高く,安価なためにビルや工場などで用いられる。
④ 鋳鉄製ボイラーは大容量の高圧型ボイラーで排気ガスによる給水予熱器又は燃焼空気予熱器などを用いるためボイラー効率は高く,大規模ビルや地域冷暖房プラントなどで用いられる。
⑤ ボイラーの排気ガス地方自治体によってSOx, NOx,煤塵量などが規制されており,市街地でのボイラーの燃料は都市ガスを採用することが多い。
 
~~~~~~~~~~ 続きを読む

読書日記 クリティカルチェーン エリヤフ ゴールドラット著

クリティカルチェーンを読みました。

 

ザゴールも物語形式でおもしろくわかりやすく読みやすかったのですが、本作も同じく物語形式です。

プロジェクトはよく遅れが生じますが、その理由と対策について述べられています。

 

遅れの理由

・見積もり時に余裕を設ける

 遅れると自分の評価にかかわるため、余裕をもうける。

・浮いた時間は食いつぶす。

 実績を作ると、その時間で求められるため、余裕時間は食いつぶされる。

・学生症候群

ギリギリまで作業に移らないから、イザ始めようとしたときに不足が判明して、遅れだす。

・掛け持ち作業の弊害

 ひとつずつ集中して作業するケースに比べて、それぞれのプロジェクトで少しずつ作業することで、時間を浪費する。

・依存関係

 作業の前後関係がある。

の4つから、一度遅れが発生すると挽回できないというものです。

 

対応策

  • マネジメントに人間行動の特徴を折り込む

・作業ごとの期限設定はしない。

 作業が回ってきたら即着手し、終わればすぐ申告する。

・余裕時間は必要なところに集中する。

 個人の時間見積もりはギリギリ余裕のない時間とする。削った時間は、プロジェクトバッファーとして、スケジュールの最後に設ける。

 ただし、遅れても責めない、恥じない社内カルチャーに変えていく必要がある。

・資源の競合は計画段階でクリアにする。

 

といった具体策があり、実践してみたいと思いました。

 

 

クリティカルチェーン

クリティカルチェーン

 

 

令和元年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(10)ポンプ及びファン

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 令和元年年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。

https://archilink.jp/heterogeneous-applications

衛生工学部門の勉強のため、択一問題の解答解説をまとめていきます。間違いがあればご指摘いただけると幸いです。
 
問題10 ポンプ及びファンに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
① ラインポンプは小規模な冷温水循環用として配管途中に直接取り付けられるものである。
② クロスフローファンはエアコン、ファンコイルユニット、室内空気のサーキュレーターなど機器組み込みの低圧ファンとして利用されている。
③ 遠心ポンプお流量と揚程は羽根車の毎分回転数で変化するが、流量は回転数に比例し、揚程は回転数の2乗に比例する。また、軸動力は回転数の3乗に比例する。
④ 空調用の送風機は高い省エネルギー性を求める場合、多翼型のシロッコファンよりも効率の高い後曲型のターボファンを使用する例が増えている。
⑤ 渦巻きポンプには羽根車の外に流れの乱れを防ぎポンプ効率を改善するための固定案内羽根がある。
 
~~~~~~~~~~ 続きを読む

令和元年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一(9)給水設備

こんにちは。技術士(機械)の古賀恭一郎です。
 令和元年年度 技術士一次試験 衛生工学部門択一問題の解答解説です。

技術士一次試験だけでなく、JABEE認定大学の該当学科の皆さんにも活用できる内容になっていると思います。

お役に立てれば幸いです。

JABEE |一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

から引用

技術者を育成する教育プログラムを「技術者に必要な知識と能力」「社会の要求水準」などの観点から審査し、認定する非政府系組織です。“教育プログラム”は認定の対象とする教育の主体のことで、通常、工学・農学・理学系の学科あるいは学科内のコースに対応します。

中略

  • 認定プログラムの修了生は、国家資格である技術士の第一次試験が免除されます。

https://archilink.jp/heterogeneous-applications

衛生工学部門の勉強のため、択一問題の解答解説をまとめていきます。間違いがあればご指摘いただけると幸いです。
 
問題9 給水設備に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。
① 高置水槽容量は,揚水ポンプの能力との関係によっても異なるが,一般に1日の使用水量の1/3程度とすることが多い。
② 受水槽の有効容量は,水道事業者が断水を考慮して指定要綱などで設計用給水量の4/10~6/10程度の容量を確保するところが多く,概算で1日の使用水量の1/2程度としている。
③ 貯水槽はすべての面から点検できるように水槽の上面に1.0m以上,側面と下面に0.6m以上の空間を確保して設置する。
④ 井戸を使っている住宅などで,井戸水の配管と水道配管を接続させることはクロスコネクションとなる。
⑤ 一般に給水管の給水圧力の上限値は、ホテル・集合住宅で300~400kPa程度,事務所・工場では400~500kPa程度として計画する。
 
~~~~~~~~~~ 続きを読む