古賀恭一郎の日記

コツコツと自分のこと、感じたことを書いていきたいと思います。

サーチインサイドユアセルフ チャディー・メン・タン作

サーチインサイドユアセルフ読みました。

 

 

 勤め先でマインドフルネスの研修があり、その時に紹介されたので、一度手に取ってみました。

瞑想によって、心を鍛えることができるという点、気に入っています。

さっそく、朝晩の一日二回マインドフルネス瞑想を続けており、スッキリした気分を味わうとともに、少なくとも集中力がじわじわ向上しているように感じます。

 

マインドフルネス瞑想
命がかかっているように呼吸する。
マインドフルネスは注意とメタ注意を鍛える。
メタ注意とは、自分の注意がそれたことに気づく能力である。
メタ注意を鍛えることで集中力を保つことができる。
 
マインドフルネスは筋トレと同じように心を鍛えることができる。
呼吸に集中する。この状態は長く続かず気の散った状態におちいます。
対策として、
第一に呼吸のプロセスに注意を戻す
第二に注意を戻すプロセスは心の筋肉を発達させていると考える。
第三に自分に対する態度を自覚し出来れば自分に対する優しさと好奇心に変える。
 
姿勢
色々あるが隙を無くしリラックスできる姿勢であれば、好きな姿勢で構わない。
 
1.認める。
 何かが起こっていることをただただ認める。
 
2.評価や判断も反応もせずに経験する。
 ただそれを経験する。放っておく。
 反応するまでに間を置く。
 
3.反応する必要があってもマインドフルネスは保ち続ける。
 意図と動きと感覚の三つに対してマインドフルネスの状態を保ち続ける。
 
4.放してやる。
 気を散らす原因が去りたがってるなら、放す。そうでなければ放っておく。
 
 
 
ほかにも、様々な瞑想について書かれていますので、自信の心が強くなってくるたびに、または、問題が生じるたびに、それぞれの瞑想にチャレンジしてみようと思います。
 
一度読んでみて、マインドフルネス瞑想しませんか?

 

 

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

 

 

読書日記 AX 伊坂幸太郎著

AX読みました。

暗殺者 兼 お父さんが主人公の物語です。

お父さんの気持ちが切々と伝わってきます。

暗殺稼業が焦点ではなく、「お父さん」にスポットライトが当たっており、少しコミカルでありつつ、張った伏線はきちんと回収されてモヤモヤすることがありません。

P312 全5編からなる物語です。2018年本屋大賞にもノミネートされるのも納得ですね。

 

 

 

AX アックス

AX アックス

 

 

読書日記 Newton「AI大特集」2018年1月号

Newton「AI大特集」読みました。

この話もともと、AIに興味があって、読みたいと思っていたのです。

現在われわれの生活の中に、AI=人工知能が入りこんできています。

単純な、ボードゲームで世界的な人間の選手に勝てたというニュースは一時期よく聞きましたよね。

人工知能は、大量の数値計算をコンピュータで処理させることで、画像認識させます。

そして、様々なパターンを学習して、精度を上げていくのです。

この人工知能が活用されていくことで、我々の仕事が無くなる懸念 もありますが、それを気にしないくらい人工知能によって得られるであろう利益があるので、現在も研究が進んでいます。

 

ただし、ある基準で集められた大量のデータのまとまりは、人工知能にとって有益でありますが、個人のプライバシーという観点でデータの使い方が制限されている状況にあります。

つまり、情報管理上でトレードオフが発生しており、法的な整備がこれから進んでいくことになります。

これからも引き続き、フォローしていきたいです。

 

 

Newton(ニュートン) 2018年 01 月号 [雑誌]

Newton(ニュートン) 2018年 01 月号 [雑誌]

 

 

沈黙のパレード 東野圭吾 著作 予約開始です。

東野圭吾さんのガリレオシリーズ新作 沈黙のパレードが予約開始となりました。

 

文藝春秋から発刊です。

 

今から楽しみです。

 

 

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 

読書日記 未必のマクベス 早瀬耕著作

未必のマクベス読みました。

 

この話いずれは、また読み返したいと思うほど、ワクワクさせてくれるストーリ展開でした。サスペンス?ラブロマンス?スパイもの?どれもが当てはまり、そのどれでもないと思います。

 

是非一読してみてください。

 

 

 

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)

未必のマクベス (ハヤカワ文庫JA)