古賀恭一郎の日記

現在URL変更に伴い、「Not Found」ページが表示される可能性があります。お手数ですが、TOPに表示されている「古賀恭一郎の日記」をクリックしていただき、必要なページを探していただきますようお願い申し上げます。

読書日記 硝子の塔の殺人 知念実希人著

硝子の塔の殺人を読みました。

 

別の著作を読んだこともあり、なんとなく手に取ってみました。が、久々にミステリの楽しさに感動しました。

言動すべてに気を配らないと、隠された伏線に気づけないこと。そして、その謎がとても衝撃的であること。探偵が語るミステリの歴史や各分類、各著作の紹介も面白く、私のようなミステリ初心者からすると、ミステリの奥深さに感動しました。

肝心の謎を一部解けて満足です。

やはり別作品が気になる著者でした。

 

硝子の塔の殺人

 

著者の別作品です。

kyoichirhokogajpemecha.hateblo.jp