古賀恭一郎の日記

技術士一次、二次試験についていろいろ書いていきたいと思います。

読書日記 戦略参謀 稲田将人著

戦略参謀を読みました。

 

もともとマッキンゼーや紳士服のaokiにいらっしゃった著者が書かれた物語です。ストリーから入れるのですいすい読みやすかったですね。

さらに、”経営企画”という部門がテーマになっていることもあり、経営の一端を見ることができ、有意義でした。

 

私の所属する企業にも”経営企画”という部門がありますが、普段から何をしているのかよくわからないというのが、正直な感想でした。関係の有無にかかわらず、企業内の各部門のことを理解したいと思い、ツイッターでも紹介いただいた本書を手に取ってみました。総合技術管理部門との親和性も高いと考えています。

この本を読むことで、経営企画という部門が、経営者の参謀、懐刀として機能していることがよくわかりました。また、”企画”というものについてもよく理解できました。

ですので、さっそく自社にいる戦略参謀たちの声に耳を傾けていて、経営者が進もうとしている方向を正しく理解することに注力しています。

読んでみてよかったですね。著者のもう一冊の「戦略参謀の仕事」についても、近いうちに手に取ってみたいと思います。